金属アレルギー協会推奨品マーク

■ 金属アレルギー協会各種マークについて ■

金属アレルギー協会の認証制度は、 「金属アレルギー」の認知度向上とともに、その製品が総合的に金属アレルギーに対し配慮されているもの、または技術的に優れているものに対して推奨していきたい、という協会の理念から作られました。

これらの3種類のマークは、金属アレルギー罹患者、または発症予防をされたい方にとって有益であろう製品に対して発行いたします。製品開発・販売を行っている法人様やハンドメイド作家様からは、自社製品と他メーカーとの差別化を図るためにもご利用いただいております。

また金属アレルギー協会が発行するマークのある製品に関しては、金属アレルギー協会が積極的にアピールをいたしてまいります。

※各種マークの認証を受けるには、書類選考、専門家による審査など金属アレルギー協会の基準をクリアする必要があります。

※各種マークは、「金属アレルギーが起こらない」、という意味での保証ではございません

1)金属アレルギー協会推奨品マーク

金属アレルギー協会推奨品マーク」は、金属アレルギーに対し幅広く配慮され、また技術的に優れているものに対して認証をいたします。

例)コーティング、その他表面処理・加工の技術、合金、金属の性質によるもの、等

申請をするには

①申請

申請対象の製品の検査データやミルシート、規格等の情報をいただき、専門家への調査依頼をいたします。申請料として1商品に付き25000円(税別)かかります

※同種類は1件として数えます

※検査データ等は内部審査のみで使用いたします

②調査・審議

協会内での審議及び専門家からの意見を元に、マークの付与の許可をいたします。許可された製品にのみ、マークの使用を認めます。調査・審議の機関はおよそ3~4週間です。

③申請結果

マークは以下のように使用できます

・商品パッケージ印刷

・シール作成

・パンフレット印刷

・WEB掲載

申請結果報告書を受取られましたら、マーク使用料を年額でお支払いください。

マーク使用料は、別途お見積とさせていただきます。

※許可が下りなかった場合でも、申請料の返却は致しかねますので予めご了承くださいませ。

マークを取得されたお客様の声

金属アレルギー協会推奨品マークをパンフレットに記載したおかげで、お客様から、製品の信頼度があがったと評価され継続の発注をいただきました。
ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s
東京都アクセサリーメーカー
営業部
今までターゲットとしていなかったお客様からの購入をいただけるようになりました。
1d539b899d7155ad9ca63bb0df84fc7b_s
神奈川県
メーカー

※金属アレルギー協会推奨マークは、製品の金属アレルギーに対する保証をするものではありません


お問合せ・申請はこちらまで

2)ニッケルフリー認証マーク

ニッケルフリー認証マーク」は、金属アレルギーの原因のトップに挙げられている「ニッケル」に対し、ニッケル(Ni)の欧州における金属製品に対するニッケルアレルギーに関する規制(EN1811)で、人工汗に試験品を1 週間浸漬したときに溶出する、ニッケルの量が0.5μg/cm2/week 以下(European Directive Annex 94/27/EC)であるものに対して、金属アレルギー協会が、「ニッケルフリー認証マーク」を付与するものです。

※ニッケルのみが対象です

①申請

申請対象の製品の検査データやミルシート、規格等の情報をいただき、専門家への調査依頼をいたします。申請料として1規格(シリーズ)に付き25000円(税別)かかります

※同規格(シリーズ)は1件として数えます

※検査データ等の資料は内部審査のみで使用いたします

②調査・審議

協会内での審議及び専門家からの意見を元に、マークの付与の許可をいたします。許可された製品にのみ、マークの使用を認めます。調査・審議の機関はおよそ3~4週間です。

③申請結果

マークは以下のように使用できます

・商品パッケージ印刷

・シール作成

・パンフレット印刷

・WEB掲載

申請結果報告書を受取られましたら、マーク使用料を年額でお支払いください。

マーク使用料は、別途お見積とさせていただきます。

④データ(JPG)のお渡し

各種認証番号付きのデータをお渡しいたします

※許可が下りなかった場合でも、申請料の返却は致しかねますので予めご了承くださいませ。


お問合せ・申請はこちらまで

3)金属アレルギー原因物質表

「金属アレルギー原因物質表」マークは、製品に対し、どの金属が含まれているか一目で購入者にわかるように表示をするマークです。計15種類の金属と、金属特性の酸化皮膜の有無、そしてメッキの有無について、申請のあったものに対し、金属アレルギー協会が審査・確認がされた製品に対して発行いたします。

マークは、日本語表記と記号(英語)表記の2パターンで、使用していただくのはどちらでもかまいません。

「この製品には下記の金属アレルギーの原因物質を含んでいます」というマークになります。

付与される表マークと共に、QRコードをお渡しし、お客様がその表についてご確認いただけるページをご用意してあります。こちら

①申請

申請対象の製品の検査データやミルシート、規格等の情報をいただき、専門家への調査依頼をいたします。申請料として1規格(シリーズ)に付き25000円(税別)かかります

※同規格(シリーズ)は1件として数えます

※検査データ等の資料は内部審査のみで使用いたします

②調査・審議

協会内での審議及び専門家からの意見を元に、マークの付与の許可をいたします。許可された製品にのみ、マークの使用を認めます。調査・審議の機関はおよそ3~4週間です。

③申請結果

マークは以下のように使用できます

・商品パッケージ印刷

・シール作成

・パンフレット印刷

・WEB掲載

申請結果報告書を受取られましたら、マーク使用料を年額でお支払いください。

マーク使用料は、別途お見積とさせていただきます。

④データ(JPG)のお渡し

各種認証番号付きのデータをお渡しいたします

※許可が下りなかった場合でも、申請料の返却は致しかねますので予めご了承くださいませ。 


お問合せ・申請はこちらまで


Facebook


Twitter


Google-plus